TVアニメ「なむあみだ仏っ!- 蓮台 UTENA -」

物語

第九話

無明の夜こそ、笑みを燃べよ

マーラの策略により、煩悩は炎とともに本堂へと広がり、梵納寺は破壊された。残りの輪光をも失い愕然とする一同。煩悩に背後から襲われた釈迦如来の姿はどこにもなく、仏たちに不安がよぎるが、釈迦如来が残した「やるべきことをキチンとね」という伝言の通り、梵納寺の再建に動く。

脚 本:吉田恵里香、米山和仁
絵コンテ:名村英敏
演 出:大塚隆寛
作 監:橋本航平、大滝那佳

用語集

釈迦如来の鯛焼き温め機(しゃかにょらいのたいやきあたためき)
梵納寺の台所にある最新式のスチーム付き電子レンジのこと。他の仏たちも使用しているが、釈迦如来の使用頻度が最も高い。 (釈迦如来の仏パワーにより、通常の8倍モチモチふっくらに仕上がるらしい) 電子レンジを「チン」と表現するかしないかで、世代感ギャップが生まれる。
あなたのいない右側行進曲(あなたのいないみぎがわこうしんきょく)
若者のカリスマである西野ガーナの最新曲。奇抜な歌詞と一度聞いたら癖になるそのメロディが若者の心をつかんで離さない。オ〇コン調べでは久しぶりにミリオンヒットしそうだとかなんとか。配信ダウンロードもかなり好調らしく、カラオケ店ではここ数週間のランキングでトップ10に入り続けている。ただ、地蔵菩薩の琴線には触れなかったようだ。
末世(まっせ)
仏教で、末法の世。釈迦(しゃか)入滅後の仏法の衰えた世。つまり、簡単に言ってしまうと「この世の終わり。

◀︎ 一覧へ戻る