TVアニメ「なむあみだ仏っ!- 蓮台 UTENA -」

物語

第五話

ひとつの嘘が百の嘘に通ずる

大日如来と偶然の再会を果たした帝釈天と梵天。これで一安心と思いきや、大日如来は梵納寺に帰ることを拒む。必死に説得を試みる中、梵天の提案で、事態は思わぬ方向へと動き出す。そして、どうやら大日如来には帰りたくない『ある理由』があるようでーー。

脚 本:吉田恵里香
絵コンテ:上田繁
演 出:上田繁
作 監:池田結姫、星野車蜂、阿部島瑠珠

用語集

輪光(りんこう)
神仏から発せられる光明(パワー)を視覚的に表現化したもの。大日如来の持つ輪光は宇宙そのものを表し、絶大な力を持っている。大日如来は輪光がないと戦闘力はゼロでめちゃ弱な状態である(by不動明王)
火焔光背(かえんこうはい)
光背とは、如来や菩薩から放たれる光のこと。この光は三界のあらゆるところまで届く偉大なものである。不動明王の背後に写る、燃え上がるほのおの形をしており、火焔光背と呼ばれる。大日如来曰く、やけどしちゃうほど熱いらしい。
マカロン
最中(by大日如来)
クリームブリュレ
甘い茶碗蒸し(by大日如来)
ロウリュ
地蔵菩薩曰く、熱々の石にアロマ入りの水をぶっかけて発生した高温の蒸気をタオルで仰いでもらい、熱風を直に感じる蒸し風呂のこと。輪光捜しの旅に出ている間、大日如来は割とロウリュに通っていたらしい。本人は絶対認めないがブッコまれる熱気が恋しかったようだ。
二大護法善神(にだいごほうぜんじん)
仏法および仏教徒を守護する主に天部の神々(天)のことを『護法善神』といい、中でも帝釈天と梵天は天部の中でも最上位にあたるため、こう呼ばれる。(※諸説あります) よみかたは、にだいごほうぜんじん。牛蒡(ごぼう)でもなく前進(ぜんしん)でもないので注意。
ブッ友(ぶっとも)
2012年の『女子中高生ケータイ流行語大賞』では第11位にランクインした、"ずっと友達"を意味する略語である『ズッ友』と『仏』を掛け合わせた造語。

◀︎ 一覧へ戻る