TVアニメ「なむあみだ仏っ!- 蓮台 UTENA -」

物語

第六話

過ちを赦すなら、罪人の顔をみよ

梵納寺に戻った帝釈天たち。大日如来は、仏たちにマーラの罠にはまり輪光を失ったことを告白する。仏たちは輪光の欠片探しに追われることに……。そんな時、帝釈天と梵天は、阿弥陀如来から「釈迦如来が抱える悩みの理由」を探るよう命じられる。そんな中、記憶力に長ける虚空蔵菩薩から興味深い話を聞いて――。

脚 本:吉田恵里香
絵コンテ:名村英敏
演 出:中西陽介
作 監:水竹修治、高見明男、石原満、小島祐佳

用語集

仏会議(ほとけかいぎ)
梵納寺で行われる仏たちの会議のこと。過去に7兆5億2千万58回開催されている。とても多いな、という印象を持たれると思うが、仏様たちは数億年、数十億年とか普通に生きる存在なので、人間換算すると週一の定例ミーティングのようなものである。
虚空蔵求聞持法(こくうぞうぐもんじほう)
一定の作法に則って真言を百日間かけて百万回唱えるというもので、これを修した行者は、あらゆる経典を記憶し、理解して忘れる事がなくなるという修行方法の一つ。
ヌルヌルマンボ(ぬるぬるまんぼ)
「マンボNo.5」によく似たマンボ曲に乗りながら虚空蔵菩薩とウナちゃんが踊るマンボのこと 。人間が偶然にこれを見るととても陽気な気持ちになり、幸せに包まれるとかなんとか。(尚 、人間からみると擬態している姿になるので漁師さんがウナギと踊っているように見える)
ナタデココ(なたでここ)
ココナッツの実の内側にあるココナッツ水といわれる液体の中に、水と砂糖と酢酸菌の一種で あるナタ菌(アセトバクター・キシリナム)を加え発酵させ凝固されたものをシロップに漬けて食べるスイーツ。ナタデココの存在を知っているか知ってないかで生まれた世代が分かるとか分からないとか

◀︎ 一覧へ戻る