TVアニメ「なむあみだ仏っ!- 蓮台 UTENA -」

物語

第十一話

煩悩なければ悟りもまたなし

自我を取り戻した阿修羅と共にマーラに挑む帝釈天と梵天。だが輪光の力を手に入れたマーラのパワーは凄まじく、その脅威は人々を避難させる仏たちにも迫りつつあった。果たして輪光は大日如来に戻るのか。

脚 本:吉田恵里香、米山和仁
絵コンテ:高林久弥、オグロアキラ
演 出:高林久弥
作 監:石堂伸晴、長尾圭悟、和田勝之、橋本航平、菊川考司、萩原みちる

用語集

菩提(ぼだい)
仏の正覚の智、さとり、仏の悟りの境地、極楽往生して成仏すること、悟りの智慧などを意味する仏教用語。菩提を得た者が仏であり、これを目指す衆生を菩薩という。(※諸説あり)
醤油のシミ(しょうゆのしみ)
ついついついてしまう、衣服の大敵。
①シミ部分を水で軽く濡らし、洗剤(台所用中性洗剤)をつけます。
②シミ部分をもみほぐします。
③シミ部分を簡単に水ですすぎます。
④それでも取れない場合は、漂白剤を使用します。
⑤そのまま、衣類に合った方法で洗濯します。
時間が経ってしまってどうしようもない場合は、専門の業者やクリーニング店に任せましょう。
甘茶(あまちゃ)
アマチャまたはアマチャヅルの葉を乾燥させて煎じ出した飲み物。独特の甘味がある。薬理作用としては、エキスで、抗腫瘍作用、抗アレルギー作用、抗菌作用、利胆作用が報告されています。民間療法では、糖尿病患者の甘味代用や、胃弱・食欲不振・利尿・口臭除去に茶剤として利用されています。4月8日の灌仏会(かんぶつえ)に、甘露になぞらえ釈迦像の頭に注ぎ、また飲む風習がある。
出家デビュー(しゅっけでびゅー)
中学生の頃は、それほどクラスで目立たない存在だった人が、高校に入ってイメージチェンジを行い、垢抜けた格好や振る舞いをしたり、不良行為に手を染めたりすることなどを意味して用いられる『高校デビュー』と同じような意味では断じてない。本気で悟りを開こうとした人々のことを刺し、出家デビューの先にはつらく長く厳しい修行の日々が待っている。

◀︎ 一覧へ戻る